世界中でもっとも使われているトレードツールと言えばメタトレーダー4(MT4)です。特に初心者を卒業したトレーダーの中には、MT4を使ってみたいと思ってい人は多いでしょう。最近は、日本のFX業者でもMT4をサポートしているところが増え、ダウンロードできるようになってきました。世界中のトレーダーでは、もはや定番ツールとも言えるMT4を使って、取引を行いたいのなら、下表に一覧にしてあるFX業者の中から選んで、口座を開設して使ってみましょう。

 

日本と海外では使い方が違うMT4

日本では分析ツール

メタトレーダー(MetaTrader)はロシアのMetaQuotesSoftware社(メタクォーツソフトウェア社)が、開発した高機能FXトトレードソフトです。誰であっても無料で使えるようになっています。そしてこのMT4は、日本と海外では、その使い方に大きな違いがあるのが現状です。

 

日本でMT4と言えば、無料で使える高機能FXチャートソフトで通っています。チャートに搭載されているメタトレーダー4のインジケーターを駆使すれば売買タイミングも計りやすくなりトレーダーにとって重宝するのです。※詳しくはメタトレーダー4インジケーター攻略法を参考に。
しかし、海外においては、MT4は、無料で使える高機能FXクライアントソフト(FXの決済や発注をするソフト)として使われています。

 

この認識の差がどこから来ているのかというと、それは日本のFX業者が提供している取引環境が、海外の業者と大きく違っているからです。携帯電話などと同じように、日本だけが少し特殊なシステムを使っているのです。

 

日本においては、各FX業者は、それぞれが用意した取引ツールを使って取引をするシステムが一般的です。それぞれの会社は、より簡単に、そして使いやすい取引ツールを開発していますが、初心者でも簡単に使えるような工夫がなされている反面、ベテランのトレーダーになれば、チャート分析機能や、システトレードなどで、物足りない部分も多く出てくるようになります。

 

そしてそれらの各社独自の取引ツールに満足できない人が、MT4をメインのチャート分析ツールとして、利用するようになっています。一般的な国内のFX業者の取引ツールでは、スピードが遅かったり、自分の望むようなテクニカル分析ができないなどの不満を持っている人が、MT4を使っているのです。

 

海外ではMT4がトレードツール

海外においては、MT4そのものが、トレードツールとして利用されています。多くの海外FX業者では、日本の業者とは違って、独自のトレードツールを提供していないのです。したがってほとんどのFX業者は、MT4を正式に採用していて、MT4から発注や決済を行うようになっています。

 

もちろんMT4に、取り扱いペアなどに独特の変更を加えて、それぞれの会社に適した形で提供していますが、その変更はあくまで小規模なもので、基本的にはMT4を使ってトレードすることになります。MT4では、チャートを右クリックすると、注文画面が現れるので、この機能でトレードするのです。

 

日本を除いた世界中のFX業者のほとんどがMT4をトレードツールとしているのは、その性能が高機能であることと、自社で開発するよりも費用が圧倒的にかからないことにあります。同程度の機能をもったオリジナルのトレードツールを開発するメリットはないと考えているのです。

 

そしてこれは、ユーザー側にもメリットがあります。自分が使うFX業者を変えてもトレードツールは同じなので、操作方法が変わらず、それまでとほぼ同じ操作で変わらずに取引を続けることができるのです。最初から操作を覚える必要がないのです。また海外のFX取引においては、MT4が使えないということ自体が、その業者の最大の弱点になります。

 

MT4の特徴

MT4の特徴は、無料で利用できる超高機能のFXトレードツールであることです。システトレードにも対応しており、自分でプログラムを組むことで、オリジナルのストレテジーでの自動売買も可能です。また世界中のMT4ユーザーが組んだストラテジーを使って取引をすることも可能です。そしてMT4にはバックテスト機能も搭載されているので、ストラテジーを検証することもできます。現在のFXトレードツールに望まれている機能を豊富に搭載しているのが、MT4なのです。

 

チャートソフトと見ても高機能

MT4をトレードツールではなく、単なるチャートソフトとして見ても、その昨日は、日本のFX業者が用意しているオリジナルのソフトに比較して、圧倒的に高機能になります。

 

トレンドラインも思い通りに自由に引くことができ、RSIやストキャスも使えます。また同時に2つの指標を使って表示させることもできるなど、国内業者のオリジナルソフトでは、時に上手くできないこともMT4ならできるようになっています。

 

そしてMT4の独自のプログラミング言語であるMQLは一般公開されているので、世界中のユーザーが独自機能をどんどん開発していくのもMT4の大きな魅力になっています。

メタトレーダー4が使えるFX業者を比較/今日はFX記念日関連ページ

サラリーマンも行っている
FXでお小遣い稼ぎ
簡単だが甘くはない
FXを検討